旅行をする場合、訪問する地域の文化をあらかじめ調べ概ねの知識を持っていた方がより旅行を楽しめ充実した旅行を経験できるのではないでしょうか。
特に海外への旅行の場合はなおさら訪れる国や地域の文化を前もって調べておくことが大切だと思います。

日本の場合、日本語と言う単一の言語が通用し、全国どこでも似たような文化で成り立っているともいえますが、海外になると必ずしも一つの国だからといって単一の言語や文化で国や地域が形成されているとは限りません。
例えばトルコなど多数の民族、多数の宗教、多数の言語が存在し、地域によって多様な文化と歴史が存在します。
民族はトルコ人、ギリシャ人、アルメニア人、クルド人等から成り、宗教も最大のイスラム教だけでなく東方正教会、ユダヤ教、カトリックやプロテスタントなどのキリスト教などなど多様で複雑です。
言語もトルコ語、クルド語、ザザキ語等々多数の言語が存在します。多数派のトルコ人でさえ何を持ってトルコ人と判断するのかは一概には言えないようです。

仮にトルコへの旅行を考えた場合、訪れる地域の歴史や文化などをあらかじめ調べておかないとせっかくのトルコへの旅行も「トルコを旅行した」という実感を得られずに終わってしまうかもしれません。
トルコへの旅行に限らず外国へ旅行する際には事前にその国・地域の文化を概要だけでも勉強してから旅立ちたいものです。