0

金利の高さで注目を集めているトルコの通貨はトルコリラです。
トルコリラには補助単位が存在し、この単位はクルシュといいます。
トルコリラとクルシュの比率は100クルシュで1トルコリラになります。

トルコの観光地やホテルではUSドルやユーロ、場所によっては円が通用するところもありますが、やはりトルコリラやクルシュを用意しておいた方が無難でしょう。
トルコではチップという習慣はもともと無かったようですが欧米化の進展に伴ってチップを払うということが習慣化しつつあるようです。
そのため補助単位であるクルシュをあらかじめ用意しておくことが大切なようです。

トルコリラ及びクルシュの為替取引の相場ですが、先に書いたようにトルコリラはその金利の高さで注目を浴びていてこれまで上昇傾向にありました。
またトルコリラの魅力は金利の相場だけでなく、トルコの金融当局の政策金利の運用が機動的でトルコリラの相場が比較的安定的というのも魅力の一つだと思われます。
FRBの利上げの決定に際してUSドルは大幅に上昇し多くの通貨、特に新興国の通貨は大きな影響を受け相場は不安定化しました。
そのような中、トルコリラはトルコの金融当局の機動的な対応によって比較的安定した相場を維持しています。

FRBの利上げによって今後トルコの金利の相場が低下するリスクもありますが他の国の金利と比較すれば当分の間は相対的に高い金利の相場を維持し、トルコリラが魅力的な投資対象、リスクヘッジ用の通貨として魅力的な通貨であることは間違いないでしょう。
トルコリラの値動きを詳しく知る

0

海外旅行をする場合、日本国内であらかじめ渡航先の通貨に両替しておいた方が何かと便利です。
空港から宿泊先への交通費などすぐに現金が必要になるケースが多いからです。
国内で渡航先通貨へ両替をする場合、利用できる場所は銀行や両替所、それから金券ショップでも外国の通貨への両替が可能です。

両替のレートは銀行がその日の午前中のレートを基準に手数料を上乗せしたものだそうです。
海外の通貨と円の為替レートは日々刻々と変化しますから国内であらかじめ両替しておく金額は必要最低限にしておいたほうが良いでしょう。
どのような経済の変化によって渡航先の通貨と円の交換レートが変化するかわからないからです。
このため世界の経済の動向、特に渡航先の経済の動向を事前に把握しておくことが大切だと思われます。

両替に関しては上記の銀行、両替所、金券ショップでの両替の他にFXによる両替も注目されています。
これは両替の手数料を大幅に節約できる可能性があるからです。
FX口座の外貨はそのまま出金できませんが、FX口座から渡航先の通貨で銀行に送金し、その銀行から渡航先の通貨で出金し両替手数料を節約するという方法です。
この方法を採る場合には世界経済と渡航先の経済の動向をしっかり把握し適切なタイミングで渡航先の通貨に両替することが大切になります。

0

御存じのとおり日本の銀行の預金の金利は「ゼロ金利」と呼ばれるように海外の銀行の預金の金利と比較しても最低クラスの水準にあります。
国内の銀行に預金していても金利によって資産を増やすことは不可能だということは誰もが知っていることだと思います。

ゼロ金利の理由はご承知の通り政府・日銀の金融政策の方針です。少子高齢化による人口減少により内需が減少し、バブル崩壊以降日本の経済が低迷し続けているからです。
財政赤字も1000兆円を超え金利を上げられる状態ではありません。
今後も海外の金利に比べ国内の預金金利は低い状態が続くでしょう。
そこで今注目されているのが海外の銀行への預金です。
海外の銀行でも先進諸国の預金金利の水準は低めですが、それでも日本の預金金利よりも高い水準です。
経済成長の顕著な新興国の預金金利では国によっては10%を優に超えるところもあります。

預金金利が著しく高い国ではインフレ率が高い傾向があります。
その点様々な経済リスクもありますから海外預金を考える際はそうした預金の金利の水準とリスクとのバランスが大切です。
比較的マクロ経済が安定し高い預金金利の海外の銀行と言ったらやはりオーストラリアとニュージーランドが有名ですね。
この場合も為替レートの動向にも注意が必要です。
為替レートの動きによっては海外の銀行の高い預金金利が為替レートの変化で相殺されてしまうというケースもあり得るからです。

0

旅行をする場合、訪問する地域の文化をあらかじめ調べ概ねの知識を持っていた方がより旅行を楽しめ充実した旅行を経験できるのではないでしょうか。
特に海外への旅行の場合はなおさら訪れる国や地域の文化を前もって調べておくことが大切だと思います。

日本の場合、日本語と言う単一の言語が通用し、全国どこでも似たような文化で成り立っているともいえますが、海外になると必ずしも一つの国だからといって単一の言語や文化で国や地域が形成されているとは限りません。
例えばトルコなど多数の民族、多数の宗教、多数の言語が存在し、地域によって多様な文化と歴史が存在します。
民族はトルコ人、ギリシャ人、アルメニア人、クルド人等から成り、宗教も最大のイスラム教だけでなく東方正教会、ユダヤ教、カトリックやプロテスタントなどのキリスト教などなど多様で複雑です。
言語もトルコ語、クルド語、ザザキ語等々多数の言語が存在します。多数派のトルコ人でさえ何を持ってトルコ人と判断するのかは一概には言えないようです。

仮にトルコへの旅行を考えた場合、訪れる地域の歴史や文化などをあらかじめ調べておかないとせっかくのトルコへの旅行も「トルコを旅行した」という実感を得られずに終わってしまうかもしれません。
トルコへの旅行に限らず外国へ旅行する際には事前にその国・地域の文化を概要だけでも勉強してから旅立ちたいものです。

0

FX(外国為替証拠金取引)は株などの金融商品の取引とは違いチャート等を分析するテクニカル分析で概ね為替の変動の動向をつかめる為、売買の戦略を組み立てるにあたり取引対象となる国の経済情勢や経済政策などファンダメンタルを分析する必要が少なく株式投資などに比べ一般の人でも始めやすい投資手段だと言われています。
しかし、チャートの変動のパターンから教科書的な売り買いのみに頼るのは少々危険ではないでしょうか。
やはりFX取引で儲けを出すためには自分流の方法、つまり自分流の戦略を組み立てることが何よりも大切だと思います。

どのような戦略で自分が為替の変動法則を見極め勝ち続けるか、これには万人に共通する戦略などと言うものはないと思います。
人によってテクニカル分析が性に合っている場合もあれば、むしろファンダメンタルズを分析した方が為替の変動の法則を見い出せるという人もいるでしょう。
あまり時間的な余裕のない人にはチャートの変動の法則から為替の長期トレンドを読み取り短期、長期のFX戦略を立てるというのが一番楽かもしれません。
しかし、やはり為替の動向と言うのはその通貨を発行する国の経済事情や金融政策等に大きく依存します。
FX取引に慣れてきたらやはりある程度は各国のファンダメンタルズの情報を効率よく集めて為替の変動のトレンド見極めて、しっかりとした自分流の戦略の下でFX取引をすべきではないでしょうか。